poipoi カウンター

poipoiメニュー

最近の記事

最近のコメント

鳳バースとは

鳳バース

Author:鳳バース
1967年10月22日生まれ 男

PRISMファンでよくPRISMの公式BBSにひょこっと顔出す書き込み小僧(と言うかオッサン)
ハンドルネームの鳳バースの由来は子供の頃のラジオネーム
ラジカセのあのAUTO REVERSE機能からネーミング
使ってたラジカセがオートリバースとカタカナだったので
区切るところを間違えて読んだのがきっかけ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画試写会「アンストッパブル」
またまた試写会が当たったので本日御堂会館に会社の帰り行ってきました。
アンストッパブルと言う映画です
この試写会は協賛がシマヤなので入場時にうどんの出汁(でじるじゃないYO!)
とおでん出汁の素を貰いました。

僕はいつも試写会は毎日放送ラジオ「ありがとう浜村淳」の番組を聞いて応募してます。
なので行くと必ず浜村淳さんと渡辺たかねさんが試写会上映前に前説と協賛会社の宣伝あと抽選会など行います
アンストッパブル試写会 
肝心な映画の方ですが実話をもとにした映画でアメリカでおきた列車暴走事件を少し色をつけた映画です(ドキュメントではありません)
ある機関士の不注意で無人の列車が暴走しスピードをあげたまま走り続けると市街地の大きなカーブに突入しそのままカーブを曲がれば間違いなく列車が脱線
列車に積まれているものは引火しやすい毒薬が大量に積まれていて大惨事にを招く
列車を止めるのにあらゆる手立てを尽くすも成功せず最終的にベテランの勤続28年の機関士と入社4ヶ月の車掌のコンビで見事この列車を止めてみせるという映画

単純な話ではありますがとてもスリリングで迫力のある映画でした。映画とわかっていても知らない間に前のめりに冷や冷やしながら見てました。とにかく音の迫力が凄くて、、見終わってからふと思ったのですがこれを無音で見たらきっと世界の車窓のようにも見えたかな?逆に世界の車窓にこの大迫力の暴走する列車の音を流せばまた違ったように見えるかもしれない・・なんとなくそう思いましたとさ

やはり映画は映画館で見るのが一番です

おしまい!!
スポンサーサイト

テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

私も以前は毎週のように試写会へ行ってました。(93年くらいまで) ちょうどその頃、JIMSAKUのサポートメンバーに和田さんが加入♪ これをきっかけに私はPrismファンとなり、試写会通いからライブハウス通いにσ(^-^;)
【2010/12/16 09:15】 URL | ミノル君のファン #- [ 編集]

よかったですyo!
私、先日『Space Battle Ship ヤマト』を
観に行きました。
キムタクがみたいからではありません、単純にヤマト世代なので・・・
とてもよかったです
その時予告でその映画
やってました、観たいなぁって思いました。
【2010/12/16 11:54】 URL | 野菜鮮感トマト #- [ 編集]


ミノル君のファンさんコメントありっちゃです
JIMUSAKUからPRISMが好きになったんでしたか
好きになるきっかけって人様々ですね。ZINKでお話した方は菅沼さんが好きでアキラさんを知ったて方もいました

野菜鮮感トマトさんコメント有難う御座います。
同じヤマト世代なんですね。僕もヤマト世代ではありますがどちらかと言うとアパッチ野球軍世代かな^^;ヤマトの映画映像凄いみたいですね
【2010/12/16 18:56】 URL | 鳳バース #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jazzcafe1967.blog91.fc2.com/tb.php/764-6bb59f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。