poipoi カウンター

poipoiメニュー

最近の記事

最近のコメント

鳳バースとは

鳳バース

Author:鳳バース
1967年10月22日生まれ 男

PRISMファンでよくPRISMの公式BBSにひょこっと顔出す書き込み小僧(と言うかオッサン)
ハンドルネームの鳳バースの由来は子供の頃のラジオネーム
ラジカセのあのAUTO REVERSE機能からネーミング
使ってたラジカセがオートリバースとカタカナだったので
区切るところを間違えて読んだのがきっかけ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初のライヴアルバム PRISM LIVE

2枚組とあって聞き応え抜群のアルバムPRISM LIVE!このアルバムはレンタルレコードでCD借りてカセットにダビングしてずっと聞いてました。後でCD買いました。一般にプログレと言う境目が正直わからず、あくまでも自分の感覚で想像するならばプログレのイメージは1・曲が長い2・曲の構成が複雑3・演奏者みんなテクニカル4・変拍子が多いなど 個人的PRISMの曲で最もプログレを感じる曲はファーストスカイ&ラストシーですが、このアルバムには入ってないものの僕はこのPRISM LIVEが凄くプログレを感じるんですよ。素晴らしいミュージシャン達が勢揃いしポイントポイントで個々がフューチャーされ楽曲も手の込んだ構成で演奏され聴いていて凄くスリリングです。中でもオープンマインドは絶品ですね。アキラさんのソロが泣きまくる。結構PRISMファンはこのアルバムのオープンマインドは特別視してるんじゃないかな?このアルバムは当時のPRISMの人気ぶりが伝わりますね。観客の多さが拍手や喚声でわかります^^;あとアキラさんのギターの音作りもこのころ独特の音ですね。コーラスを少し強くかけ今よりこの頃のほうがチョーキングビブラートが良く使われてます。いわゆる泣きですね!なかなか最近聞くのご無沙汰でしたが久しぶりに仕事でトラックの中でカセットテープかけながら聞くと良いもんです。


おしまい!!


スポンサーサイト

テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jazzcafe1967.blog91.fc2.com/tb.php/65-56d151ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。