poipoi カウンター

poipoiメニュー

最近の記事

最近のコメント

鳳バースとは

鳳バース

Author:鳳バース
1967年10月22日生まれ 男

PRISMファンでよくPRISMの公式BBSにひょこっと顔出す書き込み小僧(と言うかオッサン)
ハンドルネームの鳳バースの由来は子供の頃のラジオネーム
ラジカセのあのAUTO REVERSE機能からネーミング
使ってたラジカセがオートリバースとカタカナだったので
区切るところを間違えて読んだのがきっかけ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRISM 「INVITE」

2009年10月21日に発売されたPRISMの新譜「INVITE」前作Blue...との大きな違いはPRISMオリジナルメンバーのみゲストミュージシャン無しの三人だけで仕上げられたアルバムです。某音楽史のレビューによると新澤さんが参加していて何故か新澤さんを絶賛していたらしいwwwとPRISMのLIVEでドラムの木村万作さんがMCで話していました。。

おそらく治郎さんのベースソロがシンセベースとユニゾンしていたからそう思ったのかな?まぎれもなく三人だけです。

このINVITEは珍しく和田アキラさん作曲が3曲あります。LIVEでは万作さんが今回アキラが頑張って3曲書いたんだよ!とMCで言ってましたがどの曲か言ってなかったんでCD購入してブックレットを見ず当ててみようと一通り聞いたところ当たったのは最後の曲8-1815だけでした^^;この曲どう聴いても出だしソフトマシーンのブラックベルベットマウンテンそっくしだったもん(汗)アキラさんに聞いたら「そうだよ!だってコード一緒だもん」って

僕が真っ先に勘違いしたアキラさんが作ったであろうと予測した曲は3曲目のSea of cloudsです。小刻みなメロディがアキラさん好みそうでINVITE発売前のLIVEでも必ずこの曲やってたからそう思いました^^;意外に作ったのは治郎さんでした~

次に予測して間違ったのは6曲目のTransparent Rayです。なんとなくシャドウオブジャングルジム(アキラさん曲)の雰囲気が漂っていたし環境三部作に入っててもおかしくないぐらいのクオリティの高い曲です。

いつも勝手ながら思うんですが、、意外とアキラさんの曲より治郎さん万作さんが書いた曲の方がアキラさんらしさが出る。。。例えばExhiVisionのICE BOUNDとか深町さんとのディパーチャーとか。。そう思うのは僕だけでしょうか?特に7曲目のRIVERは万作さんの曲だけどギターソロは物凄く「和田アキラ」を感じます。ファンの方々皆さんが自分の持つ和田アキラ像ってあると思うんで一概に自分が正しいなんて全く思ってませんがこのアルバムINVITEの曲のギターソロに関してはRIVERのギターソロが一番好きです。

久しぶりにバースが選ぶアルバムINVITEのベスト3

1 8-1815

2 Sea of Clouds

3 RIVER

 

スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jazzcafe1967.blog91.fc2.com/tb.php/630-8e8519f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。