poipoi カウンター

poipoiメニュー

最近の記事

最近のコメント

鳳バースとは

鳳バース

Author:鳳バース
1967年10月22日生まれ 男

PRISMファンでよくPRISMの公式BBSにひょこっと顔出す書き込み小僧(と言うかオッサン)
ハンドルネームの鳳バースの由来は子供の頃のラジオネーム
ラジカセのあのAUTO REVERSE機能からネーミング
使ってたラジカセがオートリバースとカタカナだったので
区切るところを間違えて読んだのがきっかけ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器的な楽器キーボード編

20070304171644.jpg  CASIO GK-700


いわゆるシーケンサーですね。普通にキーボードとして使えるんですが僕は全くもってピアノは弾けないのです。弾いても片手で簡単なメロディぐらい、中学時代KORGのモノポリーというアナログシンゼサイザーを持ってたのですがYMOの曲を片手でメロディだけコピーするという超初心者みたいなお遊びをしてたぐらいです。主にシンセは音作りが楽しいものです。このCASIOのGK-700は今では生産終了となってしまいましたがとても重宝な楽器です。シーケンサーと聞くとコンパクトで一つのボタンにいろんな機能が多々あり中々使いこなせないものなのですが、これは初心者にはもってこいの楽器です。音も100種類と豊富で何が一番かと言うとテレビにつないで大きな画面で譜面を打ち込むことができます。最高16トラックあるし便利、ドラムから一つづつ打ち込みも可能なんですがそれをすると一曲できるのに結構な時間と労力がかかるんで最初にコード譜を打ち込んでおくとカシオの演奏者が曲によってリズム隊をそれっぽくかえてくれるんです。勿論カシオのベーシストも弾いてるんでそこを消して楽譜のベースのパートを打ち込めばもっとリアリティのある曲にかわりあとキーボードのパートのメロディを打ち込めばグンと本物に似てきます。これでギタカラなんか作ると自分オリジナルのカラオケなんか作れていいですよ~あとコピーなんかにも最適です。耳コピでは早すぎてわからないとか譜面をみてもしっくりこない時はギター譜をそのままわからない部分を打ち込みテンポを凄くゆっくりにしてリピートしまくってならせばホントよくわかる。ベースも同じやりかたですればどんなラインを弾いてるのかわかりやすいですね。今はパソコンなんかで便利なものたくさん出てるみたいですが、これはマジ便利です。ただ歳くったせいか今はなかなか打ち込む体力気力がないのでここ数年使ってないですねぇ~(爆)!


おしまい!!

スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jazzcafe1967.blog91.fc2.com/tb.php/60-8d75b540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。