poipoi カウンター

poipoiメニュー

最近の記事

最近のコメント

鳳バースとは

鳳バース

Author:鳳バース
1967年10月22日生まれ 男

PRISMファンでよくPRISMの公式BBSにひょこっと顔出す書き込み小僧(と言うかオッサン)
ハンドルネームの鳳バースの由来は子供の頃のラジオネーム
ラジカセのあのAUTO REVERSE機能からネーミング
使ってたラジカセがオートリバースとカタカナだったので
区切るところを間違えて読んだのがきっかけ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMAHA THR10 V.2
youtubeを見ていて無性にこのアンプ欲しくなっててようやく買いました
半年前から欲しかったけど財布になかなか万札がここんとこなかったんで買えなかったww
買ったのはYAMAHA THR10ヴァージョン2
THRとはサードつまり3番目のアンプという意味だそうです
軽量で持ち運びが便利で自宅で鳴らすには充分だしチューナーは勿論、一般的によく使う歪み系、空間系、などのエフェクタも装備されこまかな音色設定はパソコンにつないでエディターで音色も作れます
THR10エディター 
しかもオーディオインターフェイスもついていて普通にスピーカーとして使えます
音量もかなり大きくしても全く音割れする事もないし
ギターアンプでは歪みでゲインをMAXにするとたいがい結構なノイズが出るのがこのアンプ全くと言っていいほどノイズがでない
あとCUBASEもついているのでパソコンで多重録音なんかもできてしまいます
まぁこれを使いこなすには僕みたいなパソコン音痴はちょっと無理かな^^;
良い大人のおもちゃを買いました
ただ個人的にこれがあればもっと良かったのにと思うのが一つ!
作った音を5つまでメモリーできボタン一つで呼び出せるのですがこのメモリーフットペダルで呼び出し可能にしてほしかったです演奏中歪み、クリーンの切り替え時いちいちボタン押さないといけないので手元にこのアンプを置いてないとできない、いくら部屋の練習用アンプとはいえやはり足で音色切り替えたいっしょ!
そんなこんなで不満もあるけど総合して買って正解のアンプでした
THR10.jpg 
おしまい!!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

THR10…発売直後
店頭で試奏させてもらったけど
YAMAHAらしく
あの小さい筐体からは想像できないくらい
ぐっじょぶなサウンドで好きだったな
自宅で練習用でもOKだけど
あたいが小さな箱(ライヴ)で使うなら
ヘッドフォン端子からPAに送るf(^^;
【2015/12/23 23:55】 URL | NOBU #EpMR01gY [ 編集]


NOBUさんコメントありっちゃです
僕は発売当初あまり興味なかったのでずっとスルーしてたんですが、たまたまyoutubeでこのTHR10を普段でも使用してるプロが結構いたので
どんなものかTHRでデモ演奏しまくってる動画見まくったら無性に欲しくなり買っちゃいました
山本恭司や高崎晃なんかも使ってましたね
特にこの動画を見て買おうと決めました
初期とヴァージョン2を弾き比べてます。どちらも良い音ですがV2の方が明らかに音が太いですね
https://www.youtube.com/watch?v=xp_lY8PjHz8
【2015/12/24 19:08】 URL | 鳳バース #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jazzcafe1967.blog91.fc2.com/tb.php/1729-2c9044b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。