poipoi カウンター

poipoiメニュー

最近の記事

最近のコメント

鳳バースとは

鳳バース

Author:鳳バース
1967年10月22日生まれ 男

PRISMファンでよくPRISMの公式BBSにひょこっと顔出す書き込み小僧(と言うかオッサン)
ハンドルネームの鳳バースの由来は子供の頃のラジオネーム
ラジカセのあのAUTO REVERSE機能からネーミング
使ってたラジカセがオートリバースとカタカナだったので
区切るところを間違えて読んだのがきっかけ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器的な楽器10

20070131193211.jpg  11号 アリアプロⅡ M-1000鳳バースモデル^^; デジマートでデッドストック品(新古)5万円で購入 現在のメインギター


アリアの2000年限定モデル?M-1000 イギリスでは現在もこの形で色も豊富に販売されているらしい。第二のオアシスと言われていた(今はどうかしらない)エンブレイスと言うバンドのギターもこのシリーズを使用(あんまり興味ない^^;)このギターも即買いした一本。新品発売当初、楽器店で見た時から何故か心奪われたギターで新品で買うお金もなく、ヨダレたらして眺めていたギターだったんですが、突如ここ数年前たまたまデジマートで新古品で半値で売っているの見て借金して買ってしまった。。ピックアップはゴールドピックガードべっ甲スイッチ黒だったのをピックアップ、ディマジオの ハムフロムヘル(フロント)ハムなのにシングルの音が出る、スティーブススペシャル(リア)ディマジオの開発者?があまりにも気に入り自分の名前付けたらしい。スティーブヴァイの名前ではない。ピックガードは苦労して見つけました。と言ってもアリアの営業所に行ってM-500のピックガード取り寄せてください。とお願いしたところ奇跡的に名古屋に一枚だけあるの確認できかろうじてつけることができました。


このギター和田アキラさんのPAWやSAWとは全く逆仕様なのです。アキラさんのはストラトに見えてミディアムスケール僕のはレスポールっぽく見えてレギュラースケールでも何故か弦間はレスポールとヘンテコリン^^;でもボディーは薄く24フレットありヒールレスカットで24Fまで全然苦痛でなく物凄く弾きやすい。大のお気に入りギターです。きっとこの先売る事ないでしょう!それにコノギターのサーキットの裏蓋には和田アキラさんのサインが書かれているので絶対手放しません。


2006年12月09日東京西荻窪Terraで和田アキラソロライヴ&セッションでアキラさんとのセッション参加した時にこのギターで演奏(OUT&ABOUTよりハミングフロッグス)人生最大の1ページだった!!


この時セッション参加者の中の東京では有名なファンDさんから「あっ野呂一生モデル?」と言われ、「きっと言われると思いました^^;」とかえすバース。野呂さんモデルをご存知の方は確かに似てると思われるでしょうね(笑)全く意識してないと言ったら嘘になりますが、確かに野呂さんもギタリストの中ではベスト4ぐらいに入る(4って微妙~)たまたま茶色に白のパーツは合うな~と思ったぐらいでいざ交換してみると野呂さんに似てる~って思いました(笑)


ちなみにバースの個人的ベストギタリストは勿論


1位 和田アキラさん (PRISM)


2位 ジェイソンベッカー(カコフォニー)


3位 該当者なし、、というのも2位からの差がある。。


4位 野呂一生さん


これでとりあえず僕のギターの歴史紹介いたしましたが。見ての通り読んでの通り安物買いの銭失いのオンパレードでした。今年の秋、予定で念願のSAW-8を買いたいと思ってます。きっとこれがギター購入に終止符(アリスの秋止符ではない。わかっとる)を打とうと思ってるしだいです。

スポンサーサイト

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jazzcafe1967.blog91.fc2.com/tb.php/12-60adb8c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。