poipoi カウンター

poipoiメニュー

最近の記事

最近のコメント

鳳バースとは

鳳バース

Author:鳳バース
1967年10月22日生まれ 男

PRISMファンでよくPRISMの公式BBSにひょこっと顔出す書き込み小僧(と言うかオッサン)
ハンドルネームの鳳バースの由来は子供の頃のラジオネーム
ラジカセのあのAUTO REVERSE機能からネーミング
使ってたラジカセがオートリバースとカタカナだったので
区切るところを間違えて読んだのがきっかけ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田拓郎 中村雅俊 トランザム 「ああ青春」
最近あまり見ないTVをちょこっとつけてみると昔ブーム?
あの人は今みたいな番組や僕が子供の頃ブレイクした歌謡ポップスをピックアップした番組をよく見ます

僕みたいなアラフォーをターゲットにした番組多くなったんですね
世良公則 ゴダイゴ 原田真二なんかは小学生の頃ほんとに聴きまくったものです
特に原田真二はEPレコード てぃんずぶる~す キャンディ シャドーボクサー サウザンナイツ アワーソングを持っていました
小学生ながらこの人天才だと思ってました歌謡ばなれしたセンスがたまらなく好きでした

ブログタイトルの曲「ああ青春」から話が最初からそれたけど、こういう昔の曲を紹介されて急にこの曲が何故か聞きたくなってYoutube検索したらありました

トランザムが唄ってるものですが実は僕が初めて聞いたのは中村雅俊のライブアルバムのLPが一番最初でした

曲は吉田拓郎の曲です
初めて聞いた時、良い意味で凄く泥くささのある渋い数え唄といった印象でした 中村雅俊が歌ってそういう印象なのに吉田拓郎本人が歌うともっとそれを感じます

僕の中で数え唄と言えばこの曲を聞くまで「一本でもニンジン」でした(爆)

何故この歌が聞きたくなったのかはきっと「昔」=「青春」というキーワードがどこかに結びつき青春=ああ青春と瞬時に頭の中で思いたったのかもしれない

今はこの「青春」という言葉は死語なのでしょうかね?もしそうだとすればなんか悲しいよね

一番死語になって欲しくない言葉でもある

http://www.youtube.com/watch?v=JwJQWODfyno

おしまい!!
スポンサーサイト

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jazzcafe1967.blog91.fc2.com/tb.php/1053-f70e0987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。