poipoi カウンター

poipoiメニュー

最近の記事

最近のコメント

鳳バースとは

鳳バース

Author:鳳バース
1967年10月22日生まれ 男

PRISMファンでよくPRISMの公式BBSにひょこっと顔出す書き込み小僧(と言うかオッサン)
ハンドルネームの鳳バースの由来は子供の頃のラジオネーム
ラジカセのあのAUTO REVERSE機能からネーミング
使ってたラジカセがオートリバースとカタカナだったので
区切るところを間違えて読んだのがきっかけ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田アキラ ソロライブ 先行告知
今年最初の大阪での和田アキラさんのソロライブが決まりましたのでお知らせします

6月22日(土)

場所 大阪谷町6丁目 LIVE & BAR PageOne
http://www10.ocn.ne.jp/~page-one/

前売り 3800円  当日 4400円
※前売り 当日共に1ドリンク制 別途600円

予約メールフォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=516818

開場 18:30 開演 19:00


和田アキラソロライブ告知 
写真提供 8_1815さん

スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

シンセサイザーメーカー REON
数日前、今は活動無期限休止中であるYMO再現バンドO-SAKA-YのリーダーSHINさんからメールがありSHINさんの立ち上げたハンドメイドシンセサイザーメーカーREONが今月のキーボードマガジンに取り上げられ掲載されたとのこと
早速本屋さんで小市民の見方立ち読み!!

なんとアメリカの楽器フェスNAMMに出展されてるじゃございませんか(凄)NAMMのブースの写真もあったけど正式にカラー2ページでREONの商品とリーダーSHINさんの会社立ち上げのインタビューも載ってました
REON4.jpg 
REON.jpg 
REON1.jpg 
REON2.jpg 
今や日本だけではなく世界からも注目をあびるシンセメイカーになってもた!
僕がO-SAKA-Yにギター弾きとして参加したばっかりの頃SHINさんってただのYMO機材オタクと思ってました(失礼^^;)が色々話を聞いてるうちにただならぬハイテクノロジー頭脳を持った天才と確信しました そらYMOのバックで背中むけてピコピコ鳴らしていた松武秀樹さんも一目置くはずですねホントおそれいります

一昨年だったか、、プリズムのサポートキーボーディスト渡部チェルさんにREONってシンセメイカー知ってますか?と聞いてみるとあっさり「知ってるよ」と言われてビックリ!
業界にも浸透してるんだと改めて再認識しました

ブログで紹介するんでSHINさんに写真送ってもらいましたアップして良いとのことです
もし興味ある方はキーボードマガジンをご覧下さい

PS 
また落ち着いたらYMO再現バンドO-SAKA-Y活動しませんか?と・・
あれからもう5年経って実は覚えてるのは東風ぐらい^^;時々呑み屋で弾くぐらいでインプラント4やDⅢでやった千のナイフ ジ・エンド・オブ・エイジア  コズミックサーフィン ライディーン
中国女 ソリッドステイトサヴァイヴァー テクノポリス完璧に忘れてもた(爆) 

おしまい!!

テーマ:シンセサイザー - ジャンル:音楽

ロハスランチ タンドリーポーク
ロハスランチタンドリーポーク 
本日のロハスランチはタンドリーチキンではなくタンドリーポークです
チキンは食べたことあるけどポークは人生初めてかもしれない
別になんの違和感なく美味しく食べれた
逆になんで今まで食べた事なかったのか。。きっとタンドリーチキンがあまりにも定番すぎるからかもしれない

もしインド料理店にチキンとポークの二種類あれば僕はポークを選んでたかもしれないです
ただタンドリーって前もって漬け込みが必要なんでどっちかが売れ残ったらやはりロスが出るから一種類の方が無難なのかもしれませんね(勝手な想像)

けっこう味もしっかりしてて美味かったよノリノリ~
いつもながら長居させてもらってゴメンね店長^^;

来月の試食会期待してね前回よりも美味くするから!

おしまい!!

テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ

NOBUさんのP-PROギター NOBU’S CUTOM
佐賀在住のPRISMファンNOBUさんから今日MY GUITAR写メいただいたんで紹介します
P-PROJECTのNOBU'S CUSTOMです
通称メカゴジラ
5PUは強烈なほどのインパクト!!見るからに重そうww
いっそのことトレモロの下にオブジェでもう一個ハムPUつけたら史上最強だったかも^^;
と言うことでこちらをどうぞ ↓
NOBUSCUSTOM5.jpg NOBUSCUSTOM4.jpg
NOBUSCUSTOM2.jpg NOBUSCUSTOM3.jpg
ギターのトップとバック共に和田アキラさんの入魂のサインが入ってます
このギターの詳細はNOBUさんのメールそのまま引用させてもらいました
こちらをどうぞ ↓

P-PROJECT NOBU'S CUSTOM Guitar
まわりから通称メカゴジラと呼ばれるようになっていた(苦笑)f(^^;
S-H-S-H-Sの5個PU
(Roland GK-2AディバイデッドPUも搭載)
世界に1台しかない改造ギター
PAW-7が来るまでメインでした。

NECK:25.50Scale,Maple/
Fretboard:Pau Ferro,350R,Bolt-On
FRET:22F
BODY:Alder
BRIDGE:Wilkinson
PU:EMG-SA(x3),EMG-89,Seymour Duncan SH-4JB
CONTROL:2Volume,1Tone,
5Way-SW,
3Way-SW(x2)
COLOR:MB

P-PRO 品番不明のギターを友人から¥3万で買う。
元々はS-S-HのディマジオPUがボディー直付けで付いてたけど
ノイジーで嫌だったのでEMG SA(x2)と89に付け替える。
その後いろいろPUは取替えて行って最終的にピックガードを取り付け
和田配線であるS-S-H-S…すべてEMGだったが
リアPUはJBに交換で落ち着きました。
(後にPAW-7同様、JBもボディー直付けにする)
フロントPUでハムの音が恋しくなり
余っていたEMG-89をフロントシングルとミドルシングルの間に入れる。
(ミニスイッチでフロントPUのシングルorハムの切り替え&ミックス可能)

トレモロも初期型PET(ピンエッジトレモロ)が付いていたが
アームのガタつきが酷く
P-PROもしくはフェルナンデスにPET-3を単品販売を頼むが断られ
仕方なくウィルキンソンに交換…現在に至る。
ちなみに品番は忘れましたが
このウィルキンソン
(ゴトー製になる前の製品)
PET-3同様アームを真下にすると
トレモロユニット自体が固定
弦が切れてもチューニングは安定してまふ

おしまい!!




テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。